ニュース

ルッホのロゴマークが変わりました

ルッホのロゴマークが変わりました

 ルッホが創業したのは平成11年。
 その頃に作ったロゴには、『いつかルッホが花咲くように』との願いを込めて、双葉が付いていました。
 親しみやすいキャラクターをイメージされたロゴは、これまで長く愛されてきました。

 そして、ライブやコンサートへお届けするフラワースタンドの需要が高まるにつれ、ルッホはフラワースタンドや楽屋花などのフラワーギフトのオーダーメイド専門店として、たくさんのお客様からご依頼を頂けるようになりました。
 これはひとえに、お客様の大切な思いを、私どもに惜しみなく預けてくださったからと思っております。

 しかし、2020年。
 コロナウィルスにより、イベントが開催されにくくなり、フラワーギフトの在り方も変わりつつあります。それでもルッホは、お客様が求められる限り、フラワーギフトのオーダーメイドを続けたい。


「いつまでも双葉のままではいられない…今、花を咲かせるときだ」

 ルッホはこれからも素敵なフラワーギフトをお届けするため、より一層の精進を決意し、ロゴマークを改めました。

双葉から満開の花へ進化したルッホを、
これからもどうぞ
よろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました